福岡天神の結婚相談所ジュブレ|30代女性に選ばれる結婚相談所

年末年始間に合うか⁉結婚相談所ジュブレの婚活ファミリー続々スタート!それと、AI婚活はどうなん?

婚活スタート、年末までにパートナーを見つけましょう!

毎日のように、婚活スタートされています。

動機は、?

コロナ禍で、独り身が寂しくなった。
婚活するか否か答えが出ず、占いに行ったらジュブレを紹介された。
友人が結婚したから、
妹が妊娠したから
年齢的に時間がない(出産を意識して)と思ったから。
etc.

皆さんほぼ変わらないと思います。
お相手の条件は、
「とにかく、自分にお申込みをくれた方皆に会ってみようと思います」
この考えは成婚が早いです。
「私は余り条件が厳しくありませんが・・が・・・が・・。」
こうなってしまうと時間がかかるかも。

私自身のパートナーは、婚活AIに決めてもらいます!

AI婚活、国がかなりの予算(来年度は20億以上)をかけて推奨しているそう。
さいたまでは、
条件検索にプラスして、122の質問に回答してもらい、
より自分に合う方をAIに導き出してもらう。

そのうちワイドナショーの中で出ていた質問、
「A、自分には人並み以上の知力がある
B、仲間とは一緒に楽しく時間を過ごす」
〇AがBよりとても当てはまる
〇AがBよりややあてはまる
〇どちらともいえない
〇BがAよりややあてはまる
〇BがAよりとても当てはまる

こんな質問を122個。
最初は考えていても、だんだん考えることが減り、
これかなっと簡単に答える。
それがAIの狙いだそう。

自分自身でも、AIからあなたに合うかもと言われたら、
会ってみたくはなります。
現実に、婚活疲れしている方なら藁をもすがる気持ちになるかも。

又、質問の多くは苦手なことを聞くらしく、
苦手なことが多く共通するカップルほど相性が良いらしい。

そうなのかな~~と思ってしまいますよう。

お寿司のネタ
「俺、海老ダメと。」「え!うちは好きやで。」
「私は、貝系苦手やねん。」「俺は、好いとうと」
この二人もかなりいい線行っているはず。

「ばってん、おでんのだいこんがすかんっちゃ。」
「うちは、すいとうと」
「だけんが、こんぶはすきっちゃ。」「おいらも。」

「今日は、キメツの映画見たいんよ。」
「もう三回目ったい。
うちは、別のが見たか!」
「今度、博多座付きあうけんが、もう一回だけ見よう。」
「しかたなかねー」

お互いにカバーできるのも面白い。
脱線しましたが、
AIの良さと、結婚相談所のカウンセラーのアドバイスが融合できれば、
もっと効果的になるはず。
同じ予算を使うなら、自治体主導ではなく、
民間主導がと切に思います。

最後に、
結婚相談所の必要性は、
カウンセラーも大いにありますが、
出来るだけ早く結婚したいと思う方が利用されています。

婚活アプリ、AI婚活、結婚相談所それぞれの良さはありますが、
全て、目的の逆算で利用を考えてみては如何でしょうか。