お見合い時における爪痕の残し方とは。お相手にインパクトを残して下さい

昨日は、婚活のカウンセリングの合間に講演会。その後は、初めての女性のカウンセリング2件でした。

上記写真は、今回の講演会の主催博多ライオンズ。
その会長をしている赤樫君のお誘いで行ってきました。
昨年は、明治天皇の女系の玄孫の竹田恒泰さん

毎年、楽しい方を呼んで頂き楽しみにしている講演会。

今回の講演会は、「野口健」さん。
高校生時に読んだ植村直己さんの書物を読み感銘を受け登山を始めた方。
年齢は、私と同じ。
現在も、富士のごみ清掃等ボランティア活動を行われています。
頭の下がる話ばかりでした。

自分の思いを多くの方に伝える方法。
又、どの様にすれば自分の夢がかなうか。
自分自身、しっかりと影響を受けてきました。

婚活に大事、お見合い時の爪痕。

会員様に常にする話し。
男性は持ちあげて、女性は褒めて。
男のう、女性のうは基本違います。
男性は、話を始めるとその答えを出したくなりその話に追求して行けます。

しかし、
女性は5分あれば別の話しで盛り上がれます。
そんな男女がお見合い時におまく爪痕を残せる方法は、
男性に関してはのせてあげるや持ちあげてあげる。
「へ~~!凄いですね。」「頑張っているんですね」
OKです。

女性には、服装の趣味や色合い等見える部分を褒めてあげる。
深く考えず、その場を楽しくするために何を話せば良いのか。
又、その女性をほめた時に赤らんだ顔いわゆる赤面を見て、
可愛ええな~と思えたら良いのです。

以前にも話しました。
お相手の話しを10回肯定してあげれば、
お相手は自分の事を好きなんじゃないかと思われるそうです。

是非、この方とお付き合いしたいや結婚を考えたいと思われたなら、
実践してみてください。
百聞は一見に如かず