土用丑の日。
今日の昼は、ホットもとでウナギを買おうと勢こんで店内へ。あまりの人の多さに嫌になりました。平賀源内さん今日のウナギは夜に持ち越しです。

皆さんもご存じの通りこの習慣はうなぎ屋を繁盛させるための案。しかし、食は健康のテーマ。仕事の活力です。その食事が美味しくないとお家に帰るのが楽しくないと言うご主人も多いと思います。

結婚の3つの袋。通常は、「お袋」親を大事に・「巾着袋(給料袋)」安定収入・「堪忍袋」夫婦喧嘩をしないと言いますが。それに「胃袋」美味しいものを作り帰宅しやすくする。「金玉袋」子宝に恵まれる。

その中の堪忍袋を…

夫婦一緒にいると意見の食い違いは沢山あります。そこでもめたりするわけですが、相手の意見も尊重したり、一歩引いたりして、夫婦仲を円満にするために何が大事か。それは、子供のころから教えられた「ありがとう」「ごめんね」感謝の言葉と謝罪の言葉。親は子供にその事を教えているはずなのになかなかお互いで言えなくなり気持ちのすれ違いが溝を作りだす。その溝が大きくなり最悪の結末へ。

大げさかもしれませんが、お互いにそんな結末を迎えたくないはず。その為にはお互いを尊重してあげる事が大事。
「俺はな~。仕事をして給料稼いで家に持ってきとる。おまえは家の事だけやろが!そとで苦労しとんじゃいこっちは。。。」 
「あんた子供の面倒見てへんやろ。家の事全部私やろ。自分が何でも偉いと思ったら大間違いや!」

こんなところでしょうか。以前、離婚カウンセラーの女性に聞いたことです。昔は三つ指ついてお帰りなさいの時代。3歩さがって主人の後を歩く時代だった。しかし、今の時代は男性も女性も男女雇用機会均等法より男尊女卑が無くなった時代。主婦であっても立てないと行けないし、褒めてあげないといけない。

「いつも家の事してくれてありがとう」そう言われたら
「いつも仕事頑張ってくれてありがとう」この様になるはず。
思いやれればです。

自分だけ損している。自分だけ苦労している。自分だけ嫌な思いしている。自分だけ・・・この様な考えではなく好きで結婚した相手なのでその気持ちを思い出す為に今日は花と大丸のお菓子を買って家に帰り、
「いつもありがとな」とさっと渡し最後に「I LOVE YOU」この言葉で笑顔になります。書いている自分も変な顔しました。感謝の気持ち大事ですね。

有難うのその先へ
結婚相談所ジュブレ http://jubre.jp/