おはようございます。

寒の戻り2日続いていますね、体調は崩されていませんか。

さて、本日3月11日は東日本大震災。

あれから4年目となりました。

当時は、車を止め自宅に電話をしようとしたが、

一向につながらずなぜだろうと思いTVをみると、

惨劇が映し出されていたことを昨日のように覚えています。

一瞬、震えが収まりませんでした。

私自身、阪神大震災にあったからです。

当時は、兵庫県西宮市の「阪急電鉄西宮北口」の近くに住んでいました。

直下型の大地震。

当時は少しの揺れでもびくびくしていました。

今でもまだ消えません。

死を自分で決めることのできない現実。

突然何が起きるかわからない今、

自分ができることを考えました。

“何ができる”

どんな不安な状態があっても、

心の支えがあれば人は生き続けれると考えました。

心の支え

それは、家族です。

この仕事にたどりついた一番の理由です。

明日の一歩を作るお手伝いを常に心がけていきます。