自宅近くのドラッグイレブン。

小銭だけ持ち、買い物に行った際10倍DAYをしり、

Tポイントカードを忘れ残念な気持ちになりました。

備えあれば憂いなし

交際期間も大詰め、

お互いに聞きたいことを聞き、

知りたいことを知り、

そろそろプロポーズを意識し始めました。

どこの場面で、どのような言葉を・・・

お味噌汁ですか?

俺のパンツを洗ってほしいですか?

あるいは、嫁に~~~来ないか~~~♪

今は、

一緒に歩き続けたい、

君を一生涯愛し続ける

あるいは、

僕と一緒に明るい家庭を作ろうっぜ!

当ジュブレの他の結婚相談所にはない記録の中で、

入会して2週間で成婚退会がありました。

あまりにも稀ですが、

記録は記録です。

その2番目位に早い成婚退会を書きますね。

今から、4年ほど前の12月の下旬にお見合い。

クリスマス前もありムードもありで、交際に発展。

年末年始に交際を経て、

年明けの1月10日にプロポーズ。

女性会員さんから、

「あまりにも早くプロポーズをされてびっくりしています。

交際してから知ったことですが、

お相手の男性も私と同じくテニスをしていて、

別のサークルなんですが、見たことはありました。

お互い結婚相談所に入会しなければ、交際もなかったと思います。」

プロポーズの内容は、

いつもは仕事終わってから二人で居酒屋や焼き鳥やに行くのですが、

このプロポーズの日は、

タクシーでマリノアへ・・・

そして、大観覧車へ(当時は大観覧車がありましたね)

しかし、

強風のため動かず。

仕方なく、もうひとつの小さなの観覧車へ、

その時に、男性が観覧車の従業員へ、

「何分くらいで一番高いところにつきますか」

このような話をしていてたのを少し聞き取れたそうです。

女性としての気持ちはヒートアップ

ドキドキしながら、観覧車が上へ上へ・・・

そして、

「僕と○○○○・・・・・・・・?」

しっかりとプロポーズ。

交際期間が短かったのもありましたが、

不安より、お相手の誠実な言葉が勝ったようです。

今でもこのお二人から近況報告はあります。

人生に一度しか言わない、聞かないプロポーズ。

素晴らしい瞬間にしたいものですね。

つづく