少し前になります。




阪神大震災から18年経ちました。




当時は、西宮。





1度目の地震で、壁においてあったローボードや





自分が寝ていたマットレスが、部屋の中心に動かされました。





普段、右側の壁にすぐ手が当たる距離だったのに、





何度も空振りする状態でした。





しかし、前日スキーから帰って来たばかりで、





疲れていて再度寝ました。





すると、2度目の地震。




1度目より激しかったので、




飛び起きました。




等身大の鏡を割らずに助けたスキーウエアーを着て、




マンションの外に出ると、




マンションの住人全員が外に出ていました。




私が最後だったのです。




電線が切れ、ガスが漏れ、建物が崩れ、




青ざめた顔の人々、





町が、一瞬にしてスラム街。





“一瞬”





その一瞬が全ての光景を変えたのです。





人生も変わるのです。





そこで、




後悔する人生はまっぴらごめんだ!





決意しました。




小説「永遠の0」を読みました。





戦争体験の方も、





“一瞬”を、私以上に深く理解されておられるかと思います。





後悔しない人生。





もう一度考えてみませんか・・・。